FX初心者必勝法ファンダメンタルズ分析講座

FX初心者必勝法ファンダメンタルズ分析講座 に関する記事です。
FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング

ユーロに関わる重要経済指標


FX初心者必勝法


第2の基軸通貨として
アメリカドルの不安感もあいまって
注目されているユーロの動きを左右する
重要経済指標についてみていきます


○EBC理事会

EBCはユーロ圏の中央銀行で
欧州中央銀行の動向です

ユーロの金融政策の
最高意思決定機関です



○ドイツの経済指標

ユーロと言う通貨は
欧州に存在する多くの国全体の
景気に左右されて価値が決まってきますが

その中でも
ドイツの経済指標が重要視されます
ドイツのGDPや失業率などには
敏感に反応します



○IFO景況指数

これはドイツのIFO
経済研究所から発表されていて
前にあげたドイツに注目する
というポイントと関わってきます

スポンサーサイト

FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング

バーナンキFRB議長要人発言


FX初心者必勝法


本日23時頃
バーナンキFRB議長要人発言があるもよう


発言の裏には
政治的な思惑が関わっているため

こういった各要人の発言は
為替レートに与える影響はとても大きいです


ドル安円高の状況に
一石投じることになるかもしれない
バーナンキFRB議長要人発言に注意です


FBRとは
米連邦準備制度理事会のことで
この理事会の議長であるということは
日本で言うところの日銀総裁に相当します


金利政策の策定と実施が
主な仕事内容で


2006年2月から米国FRB議長に
ベン・S・バーナンキさんがついています


FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング



黒字が重要経済指標
赤字重要経済指標

を表しています

FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング

米ドル重要経済指標


FX初心者必勝法


米ドルを見ていく上で
欠かせない重要経済指標
まとめてご紹介して行きます


ドル円相場は
重要経済指標発表後に
新しく形成されることが多いため
経済指標発表後に結果を加味しつつ
テクニカル分析でポジションを取るといった
取引方法をしてみるのがおすすめです



○雇用統計

毎月第1金曜日に発表される
アメリカの雇用に関する統計結果です
特に最大の目玉は

失業率と
非農業雇用者数で

失業率は少なければ少ないほど
経済が安定しているとみて
ドル価値上昇とみます

非農業雇用者数は
就業者がどれだけいるかという数値で
これが多いほど経済が安定していて
ドル価値上昇とみます



○小売売上高

毎月中旬に前月分が発表

商品の売り上げの増減を示していて
売り上げの減少⇒不景気
消費者動向をしめしています

指標発表前後に
為替値動きが大きくなりやすい指標で
予想と大きく違う結果が出やすい指標でもあります



○貿易収支

毎月末に前月分の収支を発表

この指標にあまり即効性はなく
これまでの収支と比較して
長いスパンで経済状況がどうなってきているのか
と言う見方が一般的です



○ISM製造業景況指数

毎月第1営業日に発表

製造業経営者の景況感を反映する指標で
金利動向に大きく影響をします

大まかに分析すると
50を割り込んでくると景気後退
50を上回ると景気拡大とみて
注目される経済指標です



○住宅着工件数

毎月中旬に前月分を発表

住宅バブル
サブプライムローンなど
この数値の減少が
景気動向の指標の一つとして
最近注目されてきています


FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング

地政学的リスク


FX初心者必勝法


地政学的リスクとは
政治と地理的条件の関係やその変化によって
景気が更に悪化するリスクのことをさします


主にテロや紛争・戦争
自然災害などが上げられます
一見平和な日本ですが
おおきな地政学的リスクが存在します


アジア付近の国で
ミサイルが発射されたとニュースが流れれば
アジアの通貨(円を含む)がいっせいに売られてしまいます


さらに台風など
大型の自然災害でも
同じような現象が見られます


自然災害のなかでもっとも影響力が大きいのは
地震です


自然災害のリスクが高い地域として
東京・サンフランシスコ・ロサンゼルス・香港
等があげられており


日本では過去大きな地震災害が
他の国と比較しても多く起こっており
東京では常に地震の危機にさらされていると言っても
過言ではありません


仮に東京で地震が起こった場合
日本の経済活動に大きな影響を与えますから
日本円は一気に売られるということになります


日本には
大きな地政学的リスク
常に付きまとっていると言うことを
しっかりと把握しておく必要があります


資料10 世界大都市災害リスク指数



 

FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング

アメリカの祝日


FX初心者必勝法


なぜアメリカの祝日なのか?
アメリカの市場が休みの日は
アメリカ時間であってもドル円レートが
動きが鈍るので覚えておいて損はありません


1月1日
新年のためお休み
ニューイヤーズデイ

1月第3月曜日
キング牧師誕生日


2月第3月曜日
プレジテンツデー
ワシントン誕生日


復活祭直前の金曜日
グッドフライデー

※復活祭は移動祝日です
春分の日の後の最初の満月の次の日曜日


5月最終月曜日
メモリアルデー
戦没者追悼記念日


7月4日
独立記念日


9月第1月曜日
レーバーデー
勤労感謝祭


10月第2月曜日
コロンブスデー
新大陸発見の日
(市場はあいてますが一応)


11月11日
ベテランズデー
復員軍人の日
(こちらも市場は開いています)

11月第4木曜日
サンクスギビングデー
感謝祭


12月25日
クリスマス


月曜日はドル買いが少ない傾向になります
アメリカの祝日の翌日はドル買いが置くなる傾向になります

FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング

IMMポジション


FX初心者必勝法


IMMポジションとは簡単に説明すると
アメリカの通貨先物の取引状況を見て
通貨ペア別に買われがちなのか
売られがちな傾向にあるのかを調べる指標です


IMMは毎週火曜日の取引終了後に
取引額や買いポジションと売りポジションの数を計算し
金曜日に集計結果を発表されます


特に投機目的で取引した分の
IMM指標に注目するようにしてください


IMM指標から読み取れるのは
その通貨ペアが売られがちなのか
買われがちなのかということで


どちらの勢力がより優勢かを知ることができます
買われがちなのであればその通貨ペアのレートが
上昇しやすい状況であるとみて

売られがちなのであればその通貨ペアのレートが
下降しやすい状況であるとみます


買いと売りのバランスの変化を見て
今後の投資に役立てるのが基本で
買いポジションがドンドン増えているなら
それにあわせて買っていくことで
高い確率で利益を上げることができたり


売りポジションがドンドン増えているなら
それにあわせて売っていくことで
高い確率でりえきをあげることができます


しかしこれは
あくまでひとつの目安として活用するのがベターです
為替市場はつねに変動していきますし
この指標は一週間をひとまとめにしていますから
この指標だけをみて取引をするのは
危険です


おおまかな流れとしてこういう動きがある
という感じでみていくのをおすすめします


 

FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング

GDPとCPI


FX初心者必勝法


ファンダメンタルズ分析には
経済の流れに注目して
為替値動きを分析していきます


そのなかで
まず最初に注目すべきなのが
国の経済状況と景気動向です


基本的に
経済状況や景気動向が好調であれば
その国の通貨に期待が高まり
買われる傾向になりやすく
その国の通貨の価値が上昇します


特に取引する国やアメリカの景気動向は
必ずチェックする必要があると思います


取引する国の経済状況は
ダイレクトに為替値動きに直結し
為替相場全体の中心的存在の
アメリカの経済動向に大きく左右されます


アメリカの特に重要な経済指標は
1、4、7、10月に発表される国内総生産(GDP)
毎月第1金曜日に発表される雇用統計
消費者物価指数(CPI)などです


連邦公開市場委員会(FOMC)は
消費者物価指数(CPI)の動向をみて
政策金利を決定するとされています


さらに
経営収支・財政収支にも
為替値動きに大きく影響するので
ファンダメンタルズ分析は難しいと言って
敬遠するのではなく


主要なものだけでも
見ておく必要があります


 



FX初心者必勝法満載⇒FXブログランキング

G7先進7ヶ国財務相・中央銀行総裁会議


FX初心者必勝法


G7とは
先進国7ヶ国とされる
米国・日本・イギリス・ドイツ
フランス・イタリア・カナダ
それぞれの国の財務相と
中央銀行の総裁が参加する会議です


通貨の政策と
金融の政策のトップが
集まる会議で


国際経済についての議論がなされ
この会議の声明により
為替相場に大きな影響を与えるとされています


この声明のことをコミュニケとも呼び
G7会議を通して行われた内容をまとめたもので
今後の世界経済の動向を表現したものになります


最新記事はこちら
blogparts by 外国為替FX@比較
blogparts by 外国為替FX@比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。